制限時間20分の勝負!積水K氏、怒涛のプレゼン

お家づくり

こんにちは。ケチケチ夫のター坊です。

前回記事で書いた、その後私たちのマイホームづくりの運命共同体となる積水ハウスの営業マンKさんとのファーストコンタクト。

目の前に立っていたKさんと名刺交換をした私は、その前に訪れたミサワホームのモデルハウス見学が予定よりも1時間弱オーバーしたことで(しかも家の中は見れずカタログをもらっただけ)、あと2つほどモデルハウスを見たいという思いが強く、とにかく焦っていました。そこで、思わず最初に出た一言が、

すみません。本当に時間が無くて、20分くらいで端的に御社の建物の特徴を教えてもらえると嬉しいです。

うーん、焦っていたとはいえ、今考えると、営業マンにプレッシャーをかける本当にイヤな言い方だったな~と思います。が、

 

20分ですね。分かりました。それではご説明します。

とKさんはためらいなく話し始めました。その時にあった説明は、ざっと思い出すと、

  • 積水ハウスの歴史と実績
  • 会社や建物の強み・・・アフターサービス体制を自社専門で備えている、実際に工事をする大工さんは積水の建物のみを専門で請け負っている(これは後で違うのでは?と思いましたが)、鉄骨と木造の両方の選択肢があり、
  • 他のハウスメーカーに比べ賃貸物件の建築やサポートが特に強い(”シャーメゾン”のブランド力と”MAST”の集客力

などなど・・・。

当時に比べて住宅や賃貸などの知識をつけた今の私が思うのは、この時の話って果たして本当にそうなのか?と思うことも実はありました(笑)。

が!

少なくとも、この時点では、今まで聞いてきたヘーベルやミサワの営業さんに比べ、一つ一つの話にめちゃくちゃ説得力があるように聞こえ、またそれまで知らなかった情報を色々と聞くことができました

そして何よりも、その真摯で一生懸命な姿勢、そしてこちらが提示した「20分しかない」という言葉に応えて、できるだけ端的に自社の特徴を話そうとしていることがとてもよく伝わりました。

とても顧客志向な方なのだな・・・と。

気がつくと、既に20分は越えていましたが、そのまま私たちも話を聞き続けており、

ぜひ、一度このモデルハウスについても詳しく教えてください

と、私も今日はもう一社見るのは諦めて、このまま積水さんの詳しい話を聞こう、と覚悟を決めました。営業マンKさんも、

ぜひもう少し詳しく紹介させてください!早速、上の階に上がりましょう。

と満面の笑み。そのまま私たちは打ち合わせスペースを離れ、2階に上がりました。

2階にあがると、とにかくとても広々とした空間が!(画像はイメージです)

積水ハウスモデルハウスリビング

 

大空間がとっても気持ちよく、そしてとにかくオシャレ!

物やデザインなどにこだわりを持っている妻も、素敵なお家、と絶賛していました。

営業Kさんも、私たちの反応を見てか、嬉しそうに一つ一つ、家の作りやコンセプトを説明していきます。

積水ハウスの特徴である”フルフラットバルコニー”(建物内の床から外のバルコニーが同じ高さで作られており、床が続いているように見える)で、お家全体がとても広く見えるという話。

また、将来子どもと一緒に暮らすことも見据え、子どもの発育のために家の中の空気を綺麗にする”エアキス”などの説明も惹き付けられるものがありました。(説明を聞いた当時は標準仕様だと思っていたら、実はオプションだったんですけどね・・・汗)

空気循環環境(エアキス) | 積水ハウスの特長 | 戸建住宅 | 積水ハウス
空気循環環境(エアキス)を紹介いたします。積水ハウスの戸建住宅は邸別自由設計。豊富な建築実績と安心の技術力、充実したアフターサポートでお客さまの快適な住まいづくりをお届けします。

特にキッチンは、普段モノやインテリアに全然こだわりのない私でも「すごい!」と思うもので、思わず値段を聞いたところ、

これは外国製の特注なので1000万円くらいします。実際の家に入れてるのは、ほとんど見たことないですね(笑)

モデルハウスおそるべし!まあ、あくまで展示用のPRの建物だから当然ですよね。

、、、と、モデルハウスを歩きながら一つ一つの説明を受けているうちに、話は賃貸併用住宅の具体的な話になりました。

最初のミーティングルームで、積水ハウスは賃貸物件の建築にも強い、という話をしていましたが、ここで、まだまだ賃貸関係については全く素人だった私たちが初めて聞く言葉がKさんの口から出てきました。

私たちは、グループの積和不動産による”一括借り上げ”で家賃保証ができるので、賃貸経営は安心ですよ!

一括借り上げ!?家賃保証!?なになに?

それは、その後数か月、いや、今に至るまで続くことになる私の賃貸経営の勉強のきっかけとなる一言でした・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました