絶対に行くべき!積水ハウス住まいの夢工場

住まいの夢工場ツアーサムネイル お家づくり

こんばんは、ター坊です。

ヘーベルハウスさんから一度目の提案を受け、ペット共生の話など、興味深い話をいただいた約1週間後、私たちは、積水ハウスの住まいの夢工場バスツアーに参加しました。

妻が仕事だったこともあり、今回の参加は母と私だけでした。

私たちは東京に住んでいるので、一番近い夢工場は茨城県にあります。

 

ところで夢工場って何?

という疑問を持たれる方も多いと思いますが、一言でお伝えすると、

積水ハウスの家のみが立ち並ぶ住宅展示場+積水ハウスの技術力を体感できる設備が数多くそろった積水村

のような場所です。

詳しくは以下のホームページをご覧いただければと思いますが、ホームページに書いてあるとおり

住まいのテーマパーク

という表現がピッタリの、積水ハウスのスーパーキラーコンテンツです。

住まいの夢工場 | 戸建住宅 | 積水ハウス
住まいの夢工場を紹介いたします。積水ハウスの戸建住宅は邸別自由設計。豊富な建築実績と安心の技術力、充実したアフターサポートでお客さまの快適な住まいづくりをお届けします。

この夢工場ですが、積水ハウスを検討している場合は、

最終的に積水に決める必要はありませんので、遠慮せず、というか絶対に行ったほうがいいです!!

私たちも最初は、

このバスツアーに参加したが最後、家をめちゃくちゃ売り込まれて契約まで持っていかれるのでは?

という猜疑心の塊のような気持ちで参加するか躊躇しましたが、積水の営業さんには好感を持っていたので、参加しました。

それでは、当日の流れを少し書いてみたいと思います。

※夢工場では写真撮影禁止のため、写真は全くありません。すみません・・・

バスの中からプロモーションは始まっている

新宿の積水ハウスオフィス前からバスは出発します。土曜日の朝8時過ぎなのに、数十名の社員がバスの横に揃って私たちにお辞儀するところからツアーはスタート。

何十人のスーツの方々に一斉お辞儀で見送られるとめちゃくちゃ恐縮します。それとともに”積水ハウスの組織力”を嫌でも感じました。

約2時間近くかけて夢工場に到着するんですが、バスの中から積水ハウスの家に対する考え方や技術などの紹介ビデオがバンバン流れます。映像の中で「さあ皆さん、間もなく夢工場への到着です!」なんて流れた頃に本当に夢工場に到着。この時点で期待値もしっかり上がっています。

アミューズメントパーク!?のようなオープニング演出

到着後、エントランスからシアターに通されて最初にイメージ映像を見ます。

新しい家で暮らす理想の家族生活の映像が流れるんですが、映像終盤になると、なんと映像が映っている全面のスクリーン部分が徐々に動き始めて・・・

ドーン!!

あまり書き過ぎるとネタバレになって感動が薄れてしまうのでここでは詳細は控えますが、この演出は完全にアミューズメントパークそのもので、一瞬

ディズニーランド!?

と錯覚してしまう仕掛けでした。

一緒にツアーに参加して映像を見ていた方たちも「すごーい!」と声を上げる方から拍手をする方まで物凄いざわつきでした。

個人的に、夢工場で一番感動したのがこのオープニングでした(笑)。

あ、誤解のないように書きますが、何も予備知識なくいったので、この演出に面食らっただけで、その後のモデルハウス見学のほうが、もちろん内容は濃くて勉強になりました!

3件のモデルハウスを回る

午前中のランチタイムまでの時間は、営業さんが予め用意してくれたスケジュールに従って、3件のモデルハウスを見ました。

ちなみに私たちが見たモデルは3つです。

  • 1つ目は鉄骨のビエナ
  • 2つ目は鉄骨のイズ・ステージ
  • 3つ目は木造のグラヴィス・ヴィラ

でした。

それぞれの特徴は以下にホームページのリンクをまとめますが、私の勝手な印象としては、

 

ビエナは、内装がとてもオシャレ。3つ見た中では妻が一番好きそうな北欧インテリア的だったことと、1階のLDKが20畳弱くらいだったので、居住空間としてはちょうどいい、という印象でした(ただし、ビエナは3階建てで、我が家は3階建てまでは考えていませんでしたが)

鉄骨3・4階建て | 商品情報 | 戸建住宅 | 積水ハウス
鉄骨3・4階建てを紹介いたします。積水ハウスの戸建住宅は邸別自由設計。豊富な建築実績と安心の技術力、充実したアフターサポートでお客さまの快適な住まいづくりをお届けします。

 

イズ・ステージは、この展示場でも最高クラスのモデルハウスだったので、とにかく豪華で高級感に溢れている。凄い!と思いつつも、とんでもなく高そうで軽く引いていました(笑)。内装設備も一つひとつ豪華すぎて、ザ・展示場の家、という感じでした。これ建てるのにいくらしますか?と聞いたところ、「1億ちょっとですかね?」という回答がありましたが、おそらく実際はそれよりももっと高いはず!

イズ・ステージ | 商品情報 | 戸建住宅 | 積水ハウス
積水ハウスの最高級ブランド「イズ・ステージ」。最高級外壁材「ダインコンクリート」を採用。満足度の高い住まいを実現します。

 

そして、グラヴィス・ヴィラ。こちらもイズ・ステージのような素晴らしい建物だったのですが、イズ・ステージに比べるともう少し落ち着いた印象で、純粋にこんな家に住めたら素敵だな、という建物でした。イズ・ステージはとにかく高級感が凄く、住む家というよりも見る家、という感じでしたが、グラヴィス・ヴィラは、もう少しそこでの生活感を感じさせてくれる作りでした。

そして、このモデルの特徴ですが、一階に天井が3.7mとタカ天井になっている部屋があって開放感があったり、その一階の天井が上がった分、2階部分も一部スキップフロア(2.5階)が作られていて建物にちょっと普通とは違う立体感がありとてもおしゃれでした。直感的にこのモデルハウスが一番いいな、と思いました。

そして、なんとなくですが、妻もこのモデルを一番気に似るのではないかな?と思いました。

グラヴィス ヴィラ | 商品情報 | 戸建住宅 | 積水ハウス
グラヴィス ヴィラを紹介いたします。積水ハウスの戸建住宅は邸別自由設計。豊富な建築実績と安心の技術力、充実したアフターサポートでお客さまの快適な住まいづくりをお届けします。

 

3つのモデルハウスの見学をした後の母の意見としても、この最後に見たグラヴィス・ヴィラが一番良かったようです。

ちなみに、この時点までは鉄骨、木像ということについては、それほど意識をしておらず、正直なところどちらでもいい、と思っていたのですが、このグラヴィス・ヴィラが木造であったことから、なんとなく木造のほうが良いかな?と思い始めていました(徐々に木造を決定づける色々な要素が出てきたのですが)

ランチタイム!積水さんが用意してくれたお弁当を食らう!

3件のモデルハウスを見学し、素敵な家たちをたくさん見て半分感動、半分怯える(お金的な面でです)中、食堂に行って昼食を食べました。

昼食は、積水さんが用意してくれたお弁当です(たしかとんかつ弁当だったかな?)。お弁当の写真くらいとっておけば良かった!タダなのに結構いいお弁当でおいしかったです!

このランチタイムのポイントは、

営業さんと一緒にご飯を食べる

ということです。

この約1時間のランチタイムを通じて、一緒に食事をする中で、営業さんと雑談をします。積水さんとしては、この時間で、いかに営業とお客様の距離感を近づけられるか、という狙いもあるのでしょう。

私も、前回の住宅展示場では、家の話がメインになってしまったので(当たり前ですが)、この機会に営業マンさんの話を色々お聞きしました。

見た目から若いな、とは思っていましたが、社歴は4年目である、ということ、以前は違うエリアにいて、私たちの居住するエリアに引っ張られてきたこと、若いながらも営業として実績は十分であること、を会話していて知りました。

住宅営業はある程度知識がしっかりあるベテランのほうがいい、というネット上での情報もありますが、私はやる気があってフットワークも軽く一生懸命なこの営業Kさんに好感を持ち、むしろ最新の情報なども勉強しているのでは?と思い、特にベテランの営業さんがいいという拘りはありませんでした。

Be-Tech館

当時、鉄骨か木造かが明確に決まっていない私たちが午後に見学したのはこの建物。

ここでは、主に鉄骨造の建物に関する性能や技術について見たり、説明を聞いたりできます。特に面白いのは体験型ブースで、壁に野球の硬球の剛速球をぶつけたり、長時間ガスバーナーで火をあてるような設備があったりします。

主な内容としては、

  • 重量鉄骨造の耐震性など、建物構造の強さを証明する展示(シーカス)
  • ダインコンクリートという積水独自の鉄骨造用外壁の強度や耐火性
  • 鉄骨による建物構造の柔軟性(間取りの自由度が高い)

といったものの展示や体感スペースがありました。

ただ、断熱性、気密性などに関する展示があったかは記憶に残っていないです。

営業Kさんとの打ち合わせ

一通りの建物、技術展示を見た後は、別室に通されて営業Kさんと打ち合わせを行いました。

前回の住宅展示場では基本的な積水ハウスさんの商品や考え方の紹介がメインだったので、私たちの考えていることを話す初めてのタイミングでした。

ここでは、Kさんが作成してきた資料をもとに打ち合わせを行いました。どんな打ち合わせだったのかは、また別記事で書きたいと思います。

帰路&まとめ

営業Kさんとの打ち合わせが終わり、結果的に夢工場を出たのは夕方4時前くらいだったと思います。

新宿についたのは6時くらいでしたので、約10時間近くのバスツアーでしたが、とにかく中身は本当に濃いです。これが、

タダで契約を強要されることもない

ので、一度行ってみる価値は十分にあります(オープニングの仕掛けも必見です・笑)。

積水ハウスの色々なモデルも見えますし、技術的な知識も深まると思います。

特にポイントは、技術的な知識の習得で、ここで建物の構造や外壁材、地震対策、耐火性能などについて学んでおくと、他のハウスメーカーや工務店さんと話をする時に、知識武装ができた状態で、より詳細な性能比較ができるようになるので大変お勧めです

家を建てる、という話をし始めた頃に全く知識の無かった私たちとしては、どこから勉強すべきか・・・ということすらよく分かっていなかったわけですが、実際にこういう機会で基礎的な知識をつけることで、そこからネットでより詳しい情報を調べられるようになりました。

そして、各ハウスメーカーと話をする時に、その知識や調査をもとに話をすることで、ハウスメーカーの言いなりにならず、しっかりと自分たちで判断をしていくことができると思います。

あとは、私たちもよく見ていましたが、やはり以下のような人気の住まいブログで実際に家を建てた方の情報を色々チェックして研究することがとても大事だと思います。

住まいブログ 人気ブログランキング - にほんブログ村
住まいブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料)

家は人生で一番高い買い物でその後の人生を左右しかねない決断が必要です。ですので、できるだけ後悔のないよう、このようなタダで色々と学べる機会には積極的に足を運ぶことをオススメします!

本日もお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました