新たなハウスメーカーとの出会い

新しいハウスメーカーとの出会いサムネイル お家づくり

こんばんは、ター坊です。

積水ハウス夢工場に参加した後、私たちの中では積水ハウスが一気に本命になりつつある中、前回記事のとおり、賃貸併用住宅が良いかどうか悩んでいた私たちは、積水さんのセッティングにより、会計士さんと営業Kさん、母、私でミーティングをすることになりました。

会場は積水さんと初めて出会った住宅展示場のモデルハウス内での打ち合わせ室。

営業Kさんとともに登場した会計士さんは、恰幅のよいいかにもベテラン会計士、という感じの方でした。

住宅や相続関係を得意とされた会計士さんということで、私たちも現金資産や株、母と私とそれぞれの収入状況などの情報をまとめて持っていき、その内容を見てもらいながら、戸建てと賃貸併用のどちらがいいか、ということを見てもらうものでした。

積水ハウスと契約して家が建つまではタダで相談できる、ということで飛びついたのですが、結果的にこの時は、一つ一つの資産を細かくチェックして分析してもらった上でのアドバイス、というよりは、

賃貸併用住宅は相続税対策になるのでいいと思いますよ!

積水ハウスさんならアパート建築と経営の実績も申し分ないので安心ですよ!

という話がほとんど。

まあ、今考えたら当然ですよね。

積水側でセッティングしたミーティングに積水懇意の会計士さんが来るんだから、積水さんや積水の提案内容を否定するわけがない・・・(笑)

当時の私としては、戸建てがいいのか、賃貸併用住宅がいいのか、ということを本格的に悩み始めていた時期だったので、私たちの資産について詳細な分析をして、こっちがいい!という説得力のある提案を期待していたのだと思います。

が、このミーティングでは、結果的に会計士さんとのご挨拶と資産情報を渡した程度で、一つ一つの状況分析があるわけではなく、

賃貸併用住宅だったら税金対策できますよ~

という私が既に知っている知識程度で終了してしまいました。

そのため、この時は本当に今後色々相談できるのかな!?と思ってしまいました・・・が!

会計士の先生の名誉のためにお伝えすると、このミーティングは本当に顔合わせ程度で終わってしまいましたが、後々、無料でかなり具体的な相続税に関する試算やアドバイスをしていただくことになり、今も本当に感謝しています

 

ということで、ミーティング自体は、積水さんとの繋ぎのような打ち合わせになってしまいました。

が、やや消化不良気味な私としては何か少しでも有益な情報を持って帰らなければ!と思い、会計士さんとのミーティングが終わった後、営業のKさんに

 

ケチケチ夫
ケチケチ夫

ところで、今ヘーベルハウスさんから話を聞いてるところですが、やはり最終的にはいくつかのハウスメーカーさんと比較して決めたいと思っています。

そこでちょっとお聞きしたいんですが、もしKさんが他に検討するとしたらどんなメーカーを見ますか?

 

住宅メーカーの営業マンさんに他社の名前を出させるのもどうかな・・・?と思いましたが、逆にどんなメーカーを出してくるか聞いてみたいな、とちょっと意地悪に質問してみました。すると、、、

営業Kさん
営業Kさん

鉄骨ならヘーベルハウスさん、木像なら住友林業さんですかね

と意外なほどあっさりと他社メーカーの名前を出してくれました。

なるほど、やはり同価格帯のこのあたりのメーカーが出てくるんだな、、、

鉄骨のヘーベルさんの話は既に聞いていましたが、

住友林業

は、あまり選択肢として考えていませんでした。

ミーティングが終わり、母とモデルハウスを出た後、そのまま帰ろうかとも思ったのですが、Kさんの話がちょっとひっかかっていた私たち。

午後一の打ち合わせだったこともあり、まだ時間もあるぞ、ということで、同じ展示場にある住友林業さんのモデルハウスもちょっとだけ見てみようか、ということになりました。

そして、この判断によって、ここから先の約2カ月半続くハウスメーカー選定で、毎日のように悩み心炒める日々が始まるのでした・・・

本日もブログをお読みいただきありがとうございました。よろしければ、ブログ村のランキングバナークリックで応援をお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました